上杉神社由緒記

御祭神 上杉謙信公

 天正六年(1578)年三月十三日、戦国の名将上杉謙信公が越後の春日山城に49歳で久逝された時、その遺骸を城中不識庵に仏式を以って鎮祭されたのであるが、、二代景勝公が会津を経て米沢に移封されるに当たり、祠堂を米沢城内に移して仏祭を厳修されて来た。明治の世を迎え祠堂のまま神祭に改め、米沢藩中興の名君鷹山公を合祀して上杉神社と称し県社に列し、同9年には新たに神殿成り、遷座祭を行う。明治三十五年、住時の勤皇の功により別格官弊社に列せられる。(鷹山公は新たに摂社として松岬神社を創立して正面壕の外に鎮座)先年の神社制度の改革によって神格を廃して現在に至る。

 対症年米沢市大火の際本殿以下ことごとく類焼し、同十二年米沢出身建築界の秦斗伊藤忠太博士(文化勲章受章者)の設計による現在の神殿を始め一切を竣成したのであるが、境内は旧米沢城址本丸城でその六割を占め、およそ六千三百坪、境域をめぐる堤上の桜花はお堀に映じ陽春四月の例祭には一段に美観を呈する。例祭は四月二十九日(歿年三月十三日を太陽暦に換算)。

 上杉神社再建に当たり、藩祖謙信公、二代景勝公、直江兼続公、十代鷹山公の遺品・遺墨等を中心に収蔵、展示する稽照殿が創設された。

宝物殿のご案内

宝物殿  上杉神社 稽照殿

 御祭神上杉謙信公の遺品を主として二代景勝公、直江兼続公、中興の名君鷹山公の遺品・遺墨等がほとんどで、平安より江戸期に亘る絵画、書跡、刀剣、甲冑、武具、仏具、仏器、陶漆器、服飾類等多種多様である。重要文化財、重要美術品、県文化財等を含む収蔵品は優秀な美術工芸品として、或いは貴重な史料として往時を語り伝え、燦然たる光輝を放って正に東北の宝庫と呼ばれるにふさわしい。

 上杉神社再建に当たりその宝物殿として創設されたもので、神殿と調和を保つ日本風の外観をみせた重層建築で登録有形文化財に指定されている、名づけて稽照殿という。昭和四十一年収蔵庫を増設して現在に至る。

上杉神社々務所

住所 山形県米沢市丸の内1丁目4番13号  / 電話 0238-22-3189

上杉神社 年間祭典行事

 一月 一日   歳旦祭並新春初祈祷
 二月 三日   節分祭
 二月第二土・日 上杉雪灯篭まつり
 三月十一日   建国記念の日法祝祭
 三月二六日   祈念祭
 四月二八日   例大祭前夜祭
 四月二九日   例大祭
 四月三〇日 摂社松岬神社例大祭・献花祭
 五月 一日    敬神婦人会春季大祭
 五月 二日    献茶祭
 五月 三日    神興御渡
 五月 下旬    鷹山公藉田祭
 六月三〇日 大祓式
 七月三〇日 末社福徳稲荷神社例祭
 九月二五日   曦山公碑前祭
 九月最終土・日 摂社松岬神社秋季大祭(鷹山公まつり)
 十月 上旬   抜穂祭
十一月十五日 七・五・三祈祷
十一月二三日 新穀感謝祭
十二月二九日    古札焼納祭
十二月三一日    大祓式・除夜祭

文「上杉神社 ご参拝のしおり」・写真「山形県

上杉鷹山公之像(上杉神社)
「なせば成る」の石碑